紙水分計 モイストレックス5000E型

紙水分計 モイストレックスMX8000型   2015年4月価格改定  価格: \3,400,000.
従来の乾燥法と比較してMoistrex MX8000はより簡単・スピーディーです。また高精度な水分測定を実現します。

測定原理(マイクロウエーブガイド装備)
MX8000の測定部内側両面には、マイクロウェーブガイドが装備されています。測定部に被測定物をはさむことでウェーブガイドにマイクロ波が発信され、被測定物に含まれる水分量に応じてマイクロ波が吸収されます。この吸収量を演算して水分を測定します。
測定原理(マイクロウエーブガイド装備)
あらかじめ10種類の紙に対応した検量線が入力されています。紙タイプを選択し、坪量を入力するだけで簡単に測定できます。
設定されている紙タイプ以外にユーザーにて最大90種まで追加設定が可能です。

測定原理(マイクロウエーブガイド装備)
MX8000はモバイルテクノロジーに採用されている高性能マイクロ波発信器・受信器を搭載、高い安定性と再現性を発揮します。(坪量の重い紙サンプルでも±0.1%の再現性で測定できます。)
測定者による誤差がなく、誰でも簡単に精度の高い測定結果が得られます。

測定原理(マイクロウエーブガイド装備)
被測定物を透過して測定するため、色、表面仕上げ、同一サンプル内の水分ばらつきによる影響を受けません。
測定部は被測定物をしっかり固定する頑丈な合板仕様です。
本体搭載の温度センサーにより、被測定物の温度を検知し自動で補正します。

ワンポイントアドバイス:

マイクロ波はポリエチレンなどのプラスチックにほとんど影響を受けず、被測定物をポリエチレン袋に入れたままでも測定できます。
紙サンプルをポリエチレン袋に入れることで水分変化を防ぎ、品質を保持できます。


坪量に応じて2機種から選択できます

測定範囲: 1〜15%
測定精度: ±1%
分解能:  0.1%
対象坪量:
 T80は坪量 30〜400g/m2 の紙種を対象とします
 T20は坪量 150〜1200g/m2 の紙種を対象とします
紙の厚み: 3mmまで
紙のタイプ: デフォルト検量線10種。ユーザー設定90種
繊維配列: 繊維配列の影響を受けません
測定寸法: 最小A4(210×297mm)
周波数:   10.68GHz



       PDF 日本語カタログ(142KB)

紙水分計モイストレックスMX5000E型

MX5000型は生産中止となりました。 MX8000型を参照下さい。

標準セット価格 \2,900,000
.
  • 英国インフラレッド・エンジニアリングの製品です
  • ISO9000相当
  • 紙種10タイプの検量線カーブをプリセット
  • ビニール袋に入れたままで計測可能
  • ゼロ点自動調整機能
  • 坪量30g/m2〜1000g/m2迄計測可能
  • タイプA MX5000E-T80 坪量 30〜250g/m2
  • タイプB MX5000E-T20 坪量150〜1000g/m2
  • 測定紙厚3mm MAX
  • 測定範囲:1%〜15%
  • 精度   :±0.1%(含有水分)
  • 液晶表示:20文字
  • 紙の温度:10℃〜40℃(範囲外はブザー音で警告)
  • 測定紙寸法:A4サイズ(210mmx297mm)より
  • 使用電源:A.C.100V、200〜240V、50/60Hz MAX10W
  • 本体重量:10kgs(98.0655ニュートン)
  • 外形寸法:315x270x121mm(WDH)
  • 出力   :セントロニクスパラレルプリンター用
  • 入出力  :RS232,RS422,RS485
  • オプション:バーコード読取機

[HOME]