鉄筋継手部用探傷機器(圧接、溶接、機械式)
鉄筋継手部用探傷器として永年ご愛用をいただいたUSG-27A及びUSM35XRBは生産を終了いたしました。
USG-27Aはより進化した専用器USG-Xに移行いたしました。
USM35X-RBは超小型探傷器USMGo+に移行いたしました。ただし、USMGo+は汎用探傷器で、専用器機能は搭載されていませ。
(専用器タイプの現場プリントアウトは出来ません。)
 USG-X  USMGo+DAC  USG-27A (販売終了  USM35XRB販売終了
       
鉄筋継手部用専用器として
機器技術認定を取得した
新世代専用探傷器USG-X
850gの超小型汎用探傷器
印刷以外はほぼ専用器感覚
で使用できる新世代汎用探傷器
 永年のご愛用に
感謝いたします
  永年のご愛用に
感謝いたします
USG-X 鉄筋継手部専用探傷器
 USG-X 専用探傷器 製品の特長 
  専用器として機器技術認定を取得しました 
永年のご愛顧を賜りましたUSG-27A鉄筋ガス圧接部専用超音波探傷器の
後継機として開発され、2015年に日本鉄筋継手協会殿より、専用器として
の機器技術認定を取得いたしました。


 ●
Pモード(鉄筋ガス圧接継手部探傷):JIS Z 3062に準拠
 ●
Wモード(鉄筋溶接継手部探傷):JRJS 0005、JIS Z 3063(予定)に準拠
 ●
Mモード(機械式継手挿入長測定):JRJS 0003、JIS Z 3064(予定)に準拠
   (Mモードは、機器技術認定申請中)


ピークホールド機能採用で検査時技量の核心である基準レベルが簡単
正確に設定でき、非熟練者の検査業務効率を圧倒的に高めます。
 
 USG-X機器技術認定書
USG-X簡易版カタログ 
USG-X補助資料
   USG-X
専用探傷器


USG-X標準セット構成
  • USG-X専用探傷器
  • USG271専用探触子(2個一組)
  • USG272ケーブル
 *写真にはオプションのプリンタも含まれています
   USG271
専用探触子

\55,000×2個
 USG-X/27A専用探触子(圧接継手探傷用)

標準はガス圧接部用のR16のアクリルシュー加工品
旧JRJS0003溶接継手探傷ではUSG271フラット。また、溶接継手探傷時には斜め走査治具も必要となります
アクリル部分が金属ケースまで縦リブで削られると張替修理は不可能になります
  USG371 
専用探触子

\65,000×2個
 
 USG-X専用探触子(溶接継手探傷用)

 USG-X専用の二面振動子斜角探触子
 *Ver.3.0以降のUSG-Xでのみ探傷可能
 *USG-27Aでは探傷できません(ゲート位置が異なるため)
 *USMGo+等の汎用探傷器でも使用できません(感度低下のため)

   USG471
専用探触子

\50,000
 USG-X専用探触子(機械式継手挿入長測定用)
 Ver.3.0以降のUSG-Xでのみ測定可能
   USG272
専用探傷ケーブル

\24,000
 USG-X/27A専用ツインケーブル
 ケーブル長:2M
  USG274
専用充電池

\12,000
 
 7.2V-2800mAh Ni-Cd組電池
 ニッカドですので空輸可能です
 電池及びコネクタケーブルの被覆が破れ、金属部が
 露出しているものは、ショートでUSGを焼損したり、
 火災を起こす恐れがあります
 絶対に使用しないで下さい!
   USG273-A
専用充電器

\20,000
 充電は必ず専用充電器で実施願います
   S445セット
専用プリンター

\100,000
 専用プリンター、充電池、充電器
(初期値からの変更が必要です)
  USG379 
専用キャリングケース

\25,000
 USG-X専用キャリングケース
     

ページTop

USG-27A 鉄筋ガス圧接部専用簡易探傷器

USG-27A鉄筋ガス圧接部専用探傷器

特長

日本クラウトクレーマー製 USG-27A 鉄筋ガス圧接部専用探傷器

2016年1月、USG-27Aは生産終了し、
USG-Xに移行いたしました!
永年のご愛顧に感謝申し上げます

USG-27A鉄筋ガス圧接部専用超音波探傷器は記録性と操作性にすぐれ、多くの現場で支持されて来ました
  • ピークホールド機能採用で簡単正確な基準レベル設定が可能
  • 400箇所までの試験結果を記憶しいつでも呼び出して印刷
  • 付属プリンターで印刷して仮報告書を現場に提出可能です
  • パソコンにデータを転送(Windows XP/Vista/ 7/8 対応。別売オプション)
   PDF資料: 溶接継手部検査の手順とポイント(910KB) New!
   PDF資料: 溶接継手部探傷の手順(FD-52N版)(389KB)

ご注意: 圧接業協同組合加盟者様が購入される場合は鞄光溶材(Tel: 0482-24-2151)までお問い合わせ下さい。

予備部品

製品番号 

価格 (単位:円) 備考
専用探触子1個 USG271 55,000 ご使用には2個必要です
探触子ケーブル USG272 24,000 ツインケーブル
専用バッテリー USG274 12,000 7.2V-2800mAh
専用充電器 USG273 23,000  
専用プリンター DPU-3445 95,000  
プリンターケーブル USG277 17,000 専用プリンター用
プリンター用紙 411-28CL 9,000 10巻入1箱の価格
キャリングバッグ USG275 24,000 布製
キャリングベルト USG276 6,000  
オプション部品

製品番号 

価格 (単位:円) 備考
接触媒質(グリセリン) 22Kg 15,000 一斗缶入
接触媒質(ソニコート) BS-400 9,000 400gチューブ10本入り
パソコン接続ケーブル USG278 17,000 Dos/V専用9Pin
Windowsソフト USG27A.EXE 5,000 Windows95/98/NT/2000
首かけバッグ NY02 10,000 日光溶材製
USG27A用ハンドル ED-03 10.000 ヨーロッパ製 
対比試験片 RB−PW 93.000 JIS-Z-3062
探触子張替シュー USG張替シュー 12,000 10枚1組 
専用放電器 USG273-0 10,000 特注品 
ACパワーパック AC100V 20,000 講習会等向け
S.Y GAGE (SYゲージ)  SYゲージ小(M) 13,000 販売元: 関東圧接業協同組合殿 
SYゲージ大(L) 15,000
USG定期点検整備

基本料金

60,000 交換部品、諸経費は別途
00/09よりISOトレーサビリティ添付
整備保証期間2ヶ月間

鉄筋溶接継手部探傷用斜めK走査治具
 溶接継手部の探傷手順(USG-27A版)   溶接継手部の探傷手順(FD-52N版)

    アルミ製 斜め走査治具 (\12,000.)
  • 2011年改良タイプ(軸方向に延長し安定性を向上)
  • シンプル・低価格な L,Rの2個一組
  • USG-27用探触子専用です
  • 探触子のアクリル板を平面に変更してご使用ください。
  • 張替シューや接着剤がはみ出すと装着出来ません
    樹脂製 PitatJ、PitatK(\29,800)
  • USG-271フラット,AG2フラットに対応 (PitatJ
  • KGK製GAフラットにはPitatK
  • 基準レベル設定もスムーズに実施出来ます
  • -20°、0°、+20°にワンタッチ変更
  • 樹脂製なので滑らかに動き、違和感も少ない走査
★ご注意:
斜め走査治具は、不規則なうねり等がある鉄筋に対して適用されます。
鉄筋はメーカーやサイズごとに複雑に形状も変わります。
このため横リブに引っかかり、スムーズに動かなかったり、20度からブレが生じたりします。
また探触子と治具がうまく連動しない場合もあります。
これらの事は鉄筋の形状が不統一なためある程度やむ得ません。
斜め走査治具をご使用になるにはかなりのコツと工夫が必要なことに御留意下さい。

ページTop

USMGo+は鉄筋継手探傷用汎用探傷器として最適です
日本鉄筋継手協会殿 鉄筋継手部検査技術者技量適性試験
1種・2種・1M・1W・3種 のすべての実技試験に対応しています
GESIT  USM Go+ ポケットサイズ汎用探傷器 USM Go+ の特長
USMGo+ 汎用探傷器

USMGo+探傷器カタログ




鉄筋ガス圧接継手探傷(MA使用時)
鉄筋ガス圧接部探傷




二面振動子斜角探触子による溶接継手探傷
二面振動子斜角探触子による探傷







D29 鉄筋挿入長測定(SVコーナーエコー法)
SVコーナーエコー法



 
850g!群を抜く携帯性! それは性能です
   USM Go+ DAC
税抜価格 \1,090,000.

  • USM Go+シリーズは従来のポータブル探傷器の概念を一新
  • IP67準拠の防塵・防滴構造かつ小型・軽量850gポケットサイズ
  • ラバーハウジングを採用した堅牢構造(Mil-Std-810F
  • 画面サイズ64.8mm×108mm(ピクセル数480×800
鉄筋ガス圧接継手部用設定手順
鉄筋溶接継手部用設定手順
機械式継手挿入長測定用設定手順
USMGo+機能キー・メモリー使用方法
軽量性と堅牢性は作業の質へと転化!
 鉄筋ガス圧接部探傷
 狭所で両手を使い探触子を走査しながら、無理な体勢を強いられることの多い鉄筋ガス圧接部探傷の現場でも首かけでも作業出来るUSMGo+は作業者の負担を大幅に軽減しますDMSGo+のdBrA表示機能は基準レベル設定を強力に支援します
鉄筋ガス圧接部探傷
 鉄筋溶接継手部探傷(二面振動子斜角探触子)
 DMSGo+は二面振動子斜角探触子を効率よく駆動します。波形表示は溶接継手の正確な探傷を補助します。
 二面振動子斜角探触子で正確な基準レベルを設置することは簡単ではありませんが、DMSGo+のdBrA表示機能、MA表示機能は基準レベル設定を強力に支援します。

二面振動子斜角探触子による溶接継手探傷

機械式継手 鉄筋挿入長測定(SVコーナーエコー法)

DMSGo+による鉄筋挿入長さ測定(SVコーナーエコー法)
 USMGo+ 納入時標準構成内容  オプション 
 USMGo+本体 SDメモリカード(2GB)  USMGo+は汎用探傷器です
探触子、ケーブルなどは
全て別売品となります


別途お問合せ下さい
 バッテリ充電器兼AC電源  キャリングケース
 ハンドストラップ  取扱説明書
 画面保護シート(10枚)  校正証明書類

ページTop


USM35X RB/ReBar 専用器機能搭載汎用探傷器

新「鉄筋継手部検査技術者」制度に新規対応!    2007年6月販売開始 GEインスペクションテクノロジーズ社製
波形表示機能搭載! 圧接部専用超音波探傷器 USM35-ReBar
USM35XRBは  2008年3月13日 日本圧接協会殿より専用探傷器/汎用探傷器として 機器技術認定を取得いたしました
2017年6月、生産・販売を終了いたしました、ご愛用ありがとうございました
専用器機能はありませんが、今後は USMGo+ 汎用探傷器をご検討ください
Krautkramer USM35X RB 本体価格: 1,190,000円
 すでに保有されているUSM35X-DACにRB機能をオプション追加される改造も可能です販売店にご相談下さい

 性能・仕様: 汎用探傷器としての仕様・性能はUSM35X-DACと同等です
 USM35X-DACのカタログをご参照下さい

 USM35X RBではUSM35に圧接部専用探傷機能が追加されました
 専用器モードではJIS-Z-3062に基づいた圧接部検査を非常に容易に実施できます。試験記録はDPU S445プリンターに出力可能です

 機械式継手の差込シロの試験は汎用器モードで実施します。専用器モードでは実施できません
専用器として1の機能が搭載されました

画面ピクセル数:320×240
データメモリー数:4000
メモリグループ数:4

検査位置文字数:8文字
合否判定レベル選択:基準レベル+18〜30dB
ピークホールド機能:基準レベル設定時、試験時有効
RS232C出力:DPU3445及びパーソナルコンピューター

デジタル型汎用超音波探傷器に専用器機能が追加されDPU3445プリンターに出力可能
パーソナルコンピューター上のWord・Excelにも測定結果を転送可能(信明ゼネラル製FlawDOC3ソフト)
USM35ReBarの操作イメージ(画面構成)
起動時の画面

現在保存されている全データ数、日付、時刻が表示されます
調整画面1 (鉄筋径 D の選択)

基準レベルを設定しようとする鉄筋呼び名を選択します
調整画面2 (基準レベルの設定)

USM35ReBarはJISで規定するゲートを直ちに設定
常にゲート内最大エコーを監視して基準レベルを設定
ピークホールド機能は最大エコーを見逃しません

容易に基準レベルの設定が可能です
試験画面1 (開始前)

鉄筋呼び名の確認
検査位置の入力
現場ごとのメモリーグループの選択
合否判定レベル(感度増加量)の確認
試験画面2 (試験中OK1)

スタートボタンが押されK走査が始まるとNG表示はOKに変わります
試験中は常に最大エコーを監視します
試験中に画面50%を超えるエコーがなければOKのままです

K走査を終了したらエンターボタンを押して記録します
試験画面3 (試験中NG1)

試験中に50%を超えるエコーが一瞬でも検出されればNG
画面左上に最大エコーの大きさが表示されます

K走査を終了したらエンターボタンを押して記録します
試験画面4 (試験中NG2)

試験中に100%を超えるエコーがあれば最大エコーを画面内に表示するため表示設定を瞬時に変更します
画面100%を超えるエコーを観察するために試験者が感度やゲートのレベルを手動で設定しなおす必要はありません

K走査を終了したらエンターボタンを押して記録します
印刷画面

印刷前に、保存した全てのデータの確認が可能です
試験もれなどをチェックします

確認後DPU3445プリンターで印刷できます
(コンピューターに出力することも可能です)

印刷するメモリーグループをメ選択します
スタートボタンで印刷が開始されます
設定画面

出力先の選択
データの表示順番の設定
日付、時刻の設定
機械式継手の差込シロの試験は汎用器モードで実施します (SH波探触子と横波用接触媒質が必要です)
USM35X-ReBarの測定結果出力をDPU3445互換モードでも利用できます

USM35X-RBはPC出力とプリンタ(DPU3445)出力の両方を搭載しています。

FlawDOC3ソフトを利用すればプリンタが手元にない場合でも印刷と同一のフォーマットでPCにデータを転送できます。

データを再入力する手間が不要です。データはテキストデータとしてカットアンドペースト可能です。

データはWord、Excelのどちらへでも再出力できます。

下記出力例をご参照下さい


シェアウエアソフト(zip) \5,000
FlawDoc3 ソフトウェアダウンロード
       著作権:信明ゼネラル

ページTop

表面粗さ計Duo超音波厚さ計超音波探触子信明ゼネラル